顔汗で化粧が落ちてくる人必見!顔汗を止めるおすすめの対策とは

顔汗がひどいとどこに行っても顔汗の不安がなくなりませんよね。

そんな悩みの種の顔汗が出なくなったら毎日ハッピーなはず。

簡単にできる顔汗対策であなたの顔汗の悩みとばいばしちゃいましょう!

顔汗を止めるにはどうしたらいいの?

顔汗を止めるには、顔汗を止めるための対策をとらなければいけません。

顔汗に悩まされているあなたは、ほかの人と比べて、顔に汗をかきやすい体質であるといえます。

そのため、顔に汗をかきたくなくても気が付いたら汗がぽたぽた垂れているという状況がたたあるはずです。

顔に汗が集中して出てしまうあなたは、局所多汗症という症状が発症していると思ったほうが良いかもしれません。

でもこの局所多汗症。

今現在でも明確な治療方法は確立されていません。

そのため、顔汗を止めるには、汗を止める工夫をしていかなければいけないのです。

そんな顔汗を止める方法として、制汗ラボでは顔汗専用の制汗クリームを使用する方法と、汗の量をコントロールするサプリを使用する方法をおすすめしています。

顔汗に悩んでいるあなただからこそ使ってもらいたいアイテムの紹介と、顔汗が出てしまう原因。

特別な制汗アイテムを使用しないで顔汗を抑える方法について紹介をしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

顔汗を止めるおすすめのクリーム

サラフェ

公式HPはこちら

制汗効果 定期価格 満足度 返金保証
★5 40%off
5480円(税別)
91% 60日間

高純度の制汗成分パラフェノールスルホン亜鉛酸という制汗成分で気になる汗を速攻ブロックしてくれる顔汗制汗ジェルのサラフェ。収斂作用を使った制汗効果で使っていくうちにどんどん汗が出る量を減少させてくれます。
使っている最中はもちろん、使い続けていくうちにどんどん汗をかかなくなっていくので、サラフェを塗り忘れたときも顔汗でメイクが落ちる心配も、眉毛がなくなる心配もありません。汗の原因の一つである女性のカラダのバランスを整えるために和漢も配合されており、カラダバランスの乱れからくる顔汗にもアプローチ!
皮脂を抑えて顔のテカりまで防げる顔汗クリームです。

公式HPはこちら

※医薬部外品で肌にやさしいサラフェは敏感なお肌の方でも安心して使用することができます。

顔汗を止めるのにおすすめのサプリ

顔汗を止めるのにサプリを使用する方法もおすすめです。

サプリでできる顔汗対策は、顔に集中している発汗を全身に分散させるというもの。

新発想の体の内側から汗の対策をするサプリで顔汗で悩む日がなくなるはずです。

アセッパ―


>公式HPはこちら<
制汗効果 価格 人気度
初回限定
4800円(税抜)
★5

アセッパーは汗の悩みを抱えている人からの満足度91.7%を獲得した発汗量のコントロールができるサプリです。

体の内側から1か所に集中して出てくる汗を体の全身へと分散。

顔からの発汗量を減らすことで顔汗対策が可能になっています。

特に汗に悩んでいた女性に人気のサプリで

・通勤時の悩みが減りました。
・思いっきりデートを楽しめるようになりました。
・もっと早く出会いたかった。

等の口コミが続出しているサプリです。

顔汗を何とかしたい。
でもどうしたらいいのかわからない。

そんなあなたに試してほしいサプリがアセッパーです。

>公式HPはこちら<

顔汗が出る原因ってなに?

顔に大量に汗をかくというのは、あなたの体の発汗機能がおかしくなっている証拠です。

人の体は体温調節の為に汗をかきます。しかし、発汗機能がうまくいかないとある一定の部位にたくさん汗をかいてしまうのです。
発汗機能の低下原因には運動不足とエアコンの冷暖房が挙げられます。

運動不足や空調の影響で発汗機能の低下した体は、動きの多い部分から発汗を促すようになっていきます。
顔の筋肉は体の中でもよく動かす部位に入るので、表情の変化で筋肉を動かすことが多い顔から汗が出てしまうのです。

顔汗の原因としてよく考えられる原因の一つに、精神性発汗というものもあります。
精神性発汗というのは、不安・緊張・ストレスなどによって精神的な刺激を汗腺が受けることで汗が出ることを言い、精神性発汗の多くは体のどこか一部から汗が大量に出るという特徴を持っています。

顔汗が止まらない場合には精神性発汗が原因だとも考えられるのです。

そのほかにもホルモンバランスの変化や身体的な疾患が影響して多汗症を患っているという可能性もあります。これらの場合、あなたがたまたま顔から汗が出やすい体質であったという可能性も否めません。

顔汗の原因をなくせば顔汗を止めることはできる?

顔汗の原因がわかれば、あとは顔汗の原因をなくすことで顔汗を止めることができます。
しかし、顔汗の原因である


・発汗機能の低下
・精神性発汗
・ホルモンバランスの乱れ


の3つは、どれもすぐに改善できるものではありません。

発汗機能の低下は適度な運動で汗をかく習慣を身に着けることで改善ができますが、毎日運動するのも難しいですよね。

精神性発汗に至っては緊張やストレスで汗が出ているのですから目に見える改善方法はなかなか見つかりません。

また、ホルモンバランスの乱れにしても更年期障害などのホルモンバランスの変化を改善するのにどれだけの時間がかかるかわかりませんよね。

原因をなくせば顔汗を止めることは可能です。
しかし、顔汗で悩んでいるのは今現在の話です。

原因の改善を行うことも大切ですが、すぐに顔汗を止めたいなら顔汗専用の制汗剤を使用したりサプリを使って発汗機能を正常に促す方法がおすすめです。

顔汗を止めるおすすめの方法はクリームを使った方法

顔汗を止める方法で特におすすめなのがクリームを使った顔汗対策です。顔に使うからと言って今までクリームタイプの顔汗を止めるクリームを使用したことがない方は是非一度使用してみてください。
顔朝クリームは顔汗を止めるために開発されたクリームです。

顔の汗を止めることに特化したクリームはきっとあなたの顔汗の悩みを解消してくれます。

顔汗を止めるのに顔汗クリームがおすすめな理由

顔汗を止めるのに顔汗クリームがおすすめな理由は、化粧の下に塗ることができるから。

顔汗の対策と言ってタオルを持ち歩いていたり、冷たいものを顔に当てたりする人もいますが、そういった対策は使用できる場所が限られてしまいますよね。

会議中にずっとタオルで顔を拭いているわけにはいきませんし、アイスノンのような冷たいものは冷却されている時間に限りがあります。

顔汗対策をする場所の制限が少ないことや、ケアをする回数を極限まで減らせることが顔汗クリームをおすすめする理由です。

でも、メイクの下に顔汗クリームを塗っていて効果がなくなってしまったら、、、
そんな不安を抱える方もいると思いますが、顔汗専用クリームならそんな心配もいりません。

顔に塗ることを前提としているクリームなので、メイクの上から塗りなおすことができるものも存在します。

もちろん女性に限らず男性が使用することも問題ありません。

一度使用すれば長時間顔汗の不安から解消される顔汗クリーム。

その高い効果と利便性を体験してしまったら手放すことができません!

クリームを使わないでもできる顔汗を抑える方法

顔汗はクリームを使わないでも抑えることができます。
しかし、これらの方法は顔汗を止める効果が一時的なものであること。体に負担がかかることがあることの2つが理由で応急処置としてでしかおすすめはしません。

できるなら体に負担のかからない顔汗クリームを使って顔汗を止めることをおすすめします。

半側発汗を利用した顔汗を止める方法

半側発汗というのは、人の体の持つ特徴を使った汗を止める方法です。

人の体は不思議なもので、体を上下左右どこかの位置で圧迫すると圧迫されている側の発汗量が極端に減るという特徴を持っています。
この働きを使うことで、顔汗を止めることが可能になります。

これは京都の舞妓さんが使用している顔汗対策なのですが、わきの下の指3本分くらい下にある大包という汗を止めるツボを通るように帯や紐で胸を締めます。
そうすることで半側発汗を作用させることになり、顔汗を止めることができるのです。
舞妓さんが顔汗でメイクが崩れない謎が解決しましたね!

ただ、顔汗を止めたいからといって慣れていない人がいきなりきつく帯や紐を締めすぎると体調を崩す恐れがあるので要注意です。

体を冷やして顔汗を止める方法

顔汗は体温が上がった時にも止まらなくなりますよね。

そんなときには体を冷やす方法でも顔汗を抑えることができます。

顔汗を抑えるには首の後ろを冷やすのが効果的です。体温の上昇による温熱性発汗は体温が下がることで汗が止まります。
特に汗を止めたい部位を効果的に冷やすことで汗を効率よく止めることができるので、顔汗を抑えるなら太い血管の通っている首の後ろを冷やすのがおすすめです。

有酸素運動で汗をかく

あなたは普段から汗をかく習慣はありますか?顔汗が大量に出るなどの普通では考えられない汗のかき方をしている場合、それは汗腺が眠っていることが原因で起きる異常発汗の可能性があります。

私たちの体は使わないとどんどん衰えていきますよね?
それと同じで汗をかく汗腺も使われないとどんどん衰えて機能しなくなってしまうのです。

顔からの異常な発汗を抑えるには、まずは全身にある汗腺をしっかりと働かせるようにすることが大切です。

顔の汗腺だけが活発に働いている状態だと顔から出る汗は止まりません。

顔汗を止めたいなら有酸素運動で適度に運動をし、体中の汗腺を活発に働かせましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です