汗の臭いを消す方法ってあるの?汗臭さを抑える方法

汗の臭いってすごく気になりますよね。
自分が汗かきだとわかっているからこそ周りの人に変な目で見られていないか心配になるものです。
そんな汗の臭いの悩みを解消する方法を紹介します。汗の臭いは対策をしっかりとれば何も悩む必要はありません。あなたの汗の悩みを一緒に解消していきましょう。

汗の臭いの原因は何?

汗の臭いは汗が原因だと思っていませんか?実はそれは間違いです。
私たちが汗臭いと感じるニオイというのは汗に皮脂や垢が混ざり、混ざったものを皮膚にいる細菌が分解することで発生します。あの酸っぱい汗臭いニオイは汗そのもののニオイではないんです。

私たちが汗臭さの原因だと思っている汗はエクリン汗腺という汗腺から出てくる汗で、汗の99%水分でできています(残り1%はミネラル分です)。そのため、汗をかいただけではニオイを発することはありません。

汗が臭くないならニオイ対策はどうするの?

汗のニオイ対策をするのは簡単です。汗はかかないと生命維持に問題が出ますので完全になくすことはできません。なので、汗自体がにおわないのですから、そのほかの原因を退治してやればいいのです。

ニオイを出す原因を簡単に挙げると
・皮脂
・垢
・皮膚の常在菌
の3つです。
この中で垢はどうにもすることはできませんが、皮脂と細菌は対策をとることができます。

汗のニオイをなくすための皮脂対策

皮脂は皮膚の状態を整えるために必要なものです。しかし、この皮脂の成分が悪い状態にあると汗臭さはとても強いものとなってしまいます。汗臭さをなくすためには皮脂に含まれている成分を良い状態にすることが大切です。

皮脂の状態をよくするには体の中からケアを行う必要があります。そのために活用したいのが体臭に効くというサプリです。このサプリは体の中からニオイ成分の元をなくす効果があり、皮脂に含まれるニオイになりやすい成分を減らす効果があります。体臭サプリを使用することで汗のニオイを軽減することが可能になるんです。

殺菌効果のある制汗剤を使う

汗のニオイをなくすには皮膚に存在する菌の活動を弱めたり菌自体の数を減らすことが有効です。皮膚にいる細菌は皮膚を守るために必要なものでもありますから、ニオイを出す菌をなくすことが重要です。

汗を止める制汗剤の中には殺菌効果や抗菌効果を持っているものがあります。そんな制汗剤を使うことで菌の活動は圧倒的に弱まり、汗臭さを軽減する効果があります。
また、発汗量自体を減らすことにもつながるのでニオイを減らすのにとてもおすすめな方法となっています。

汗のにおい対策をとるタイミングってあるの?

汗のにおいをなくす為には汗のニオイがどのタイミングででてくるのかを知ることが他説です。

汗のニオイは汗をかいてから1時間~2時間後といわれています。ニオイがでるまでに1時間~2時間かかるというのは汗や皮脂・垢が混ざって細菌に分解されるのにこれだけの時間がかかるからです。

汗臭さ対策をするタイミング

汗臭さの対策をするタイミングは汗をかくまえと汗をかいた後の2つあります。この2つのタイミングを押さえて対策をとることが汗のニオイをなくすためには重要なポイントです。

汗臭さの対策をするタイミングは

・汗をかく前
・汗をかいた後

の2つ。
汗臭さを抑えるタイミングをしっかりと抑えて適切な対策で汗のにおいをなくしていきましょう。

汗をかく前のにおい対策

汗臭さは汗をかいて、汗と皮脂が混ざったものを皮膚の常在菌が分解・発酵させることで発生します。

その為、汗をかく前に対策をとることで汗臭さをなくすことができます。

汗をかく前に行いたい対策は、制汗と殺菌・抗菌の2つ。

制汗をすることで極力汗が出るのを防ぎ、臭いのもとを少しでも減らすことが大切です。
制汗作用のあるクリームやスプレーはちゃんと選べば制汗効果が長時間持続するものがあります。
値段は気になるところですが、臭いを消したいなら値段よりも効果を重視したほうが良いでしょう。

次に殺菌・抗菌対策です。
皮膚にいる常在菌と呼ばれる最近は私たちの体からいなくなることはありません。
その為、必要な時に適切な最近対策をしなければいけません。

殺菌が必要なのは、まずあなたの体からにおいを発生させる細菌を減らすため。
細菌の数が減れば発生するにおいのきつさが減ります。
ただ、皮膚にいる細菌には私たちの皮膚を守る大事な菌もいるので殺菌のしすぎには要注意です。

そして抗菌。
抗菌は細菌の数を増やさないために必要なケア。
細菌の数を増やさなければ臭いは全然発生しないのです。

汗臭さ対策で最も大切なのは汗をかく前に対策をすること。
制汗と殺菌・抗菌は汗臭さを消すための要の対策です。

汗をかいた後のにおい対策

汗をかいた後、汗臭さが出てくるまでにどれくらいの時間がかかるかを知っていますか?

正解は1時間~2時間ほど。

つまり、汗をかいてから約1時間ほどは臭いが発生していない状態となるわけです。

ということは、汗をかいてすぐふき取ることができたらにおいが発生することはありません。

汗をかいたらできるだけ早い段階で汗をぬぐうようにしましょう。

このとき、汗をぬぐうのは水で濡らしたタオルを固く絞ったものを使用してください。

汗は皮脂と混ざった脂分を含んだ状態となっています。

乾いたタオルでは汗を拭きとり切れずにお肌に残してしまう可能性がありますので、臭いを発生させないために濡れたタオルを使用してください。

汗をぬぐった後に大切なのは何といっても着替えです。

汗をかいたら当然服に汗が付きます。

体についている汗はぬぐうことでにおいの発生を抑えることができますが、服についた汗は洗濯をしないと落とすことができません。

汗をかいたらすぐに下着やシャツを取り換えれるよう準備しておくとにおい対策としてはばっちりです。

着替えの準備と汗をぬぐうことが終わったら汗をかく前と同じ対策をとるようにしましょう。

汗をかいてしまうと、汗をかくまえにしていた対策がリセットされてしまいます。

臭いを発生させないためにも、こまめなにおいケアを心がけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です