頭から汗が大量に!?すぐに止めたい頭汗を抑える対策方法ってあるの?

頭から汗がでて止まらなくなったり、汗が頭から大量に出て生活に支障がでて
「止めれるなら止めたい!」
「そもそもなんで頭から汗がこんなにでるの!?」
と悩んでいる人は多いのではないのでしょうか?

そういった人のために
頭汗はなぜでるのか?
頭汗が大量にでるのはなぜなのか?

そして

頭汗を止める方法や対策を紹介していきます。

なぜ頭汗はでてくるのか?頭汗の原因

頭からといった特定の部位だけでなく手や背中から大量に汗をかくのは「局所性多汗症」のひとつです。
頭からでる「頭部多汗症」は顔やうなじまで汗が流れ落ちたり、髪の毛が濡れて目立ってしまいます。

その原因は一概には言えませんが多くみられる原因として
ストレスからくる交感神経の乱れからくるものが多く挙げられます。

交感神経は自律神経の一つで内蔵や血管の動きをコントロールする自律神経は交感神経と副交感神経のふたつから成り立っていて、交感神経は特に汗に関係しています。

本来、この交感神経が汗の量などを調整しているのですが精神的なストレスで
交感神経が過敏に反応してしまい発汗作用が強くなってしまい、汗が大量にでてくる原因となります。

また、生活習慣の乱れからも頭から汗がでる原因の一つとされています。
睡眠が十分でなかったりすると交感神経の働きが乱れ、汗を大量にかく原因となります。

頭汗を抑える対策や止める方法はある?

では、実際に頭汗をとめるにはどうしたらよいのか?
その対策と実践方法について紹介していきます。

先ほども紹介したように汗をかく原因としてはストレスの負担からくるものが多いです。

そのストレスを解消するために、まず1つ目は適度な運動が効果的です。
適度な運動は交感神経の働きを整えてくれます。
自分の気ままにできる散歩やランニング、水泳などといった運動をすることで人間の体は自律神経を整えようと働きかけてくれます。
激しい運動や勝ち負けがある運動はストレスがかかりやすく、交感神経をより刺激してしまいますので
あくまで自分のペースで行ってみてください。

2つ目は睡眠です。
睡眠不足に陥ると集中力が続かなかったり、体の不調などでイライラすることはないでしょうか?
まさにこれは体にストレスがかかっている状態で交感神経が乱れている状態です。

睡眠時間を7時間から8時間と適度に確保することで交感神経の乱れを抑え
頭汗をかく原因をなくしていきましょう

運動や体を動かすことが苦手な方や、仕事などが忙しくてなかなか思ったような睡眠時間がとれないという方は「ツボ」押しを試してみてはどうでしょうか?

交感神経の働きを整えるツボを押すことで頭汗をとめる効果がえられます。

一つは右と左の胸の乳首から5センチほど上の位置にある「屋翳(おくえい)」です。
5秒押して3秒離すリズムで2,3分やってみてください

もう一つは左右の脇から5センチほど下の位置にある「大包(だいほう)」です。
リズムは屋翳(おくえい)と同じように試してみてください。

頭汗を抑える対策や止める方法はある?

頭汗が大量にでてくる原因が当てはまったかたはぜひ、適度な運動や睡眠をとって
頭汗をかく悩みから解放されてみてはどうでしょうか?
かといって無理は禁物です。自分の出来る範囲で実践してみてください。
実践はしたけれどなかなか効果がでないという方はお医者様に相談してみるのもひとつの対策です。

頭汗が止まらない原因は、必ずあるはずです。
原因をさぐって頭汗をかく「ストレス」から解放されるフリーな状態を目指していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です