これって病気!?緊張すると汗が止まらなくなる原因と対策

緊張した時に汗が出て普段の生活や仕事において支障がでる人は
「これって病気なのでは・・・?」
「止められるなら汗を止めたい!」
と考えているのではないのでしょうか?
かくいう私も緊張すると汗がとまらなくなってしまい、困ることがあります・・・。笑

なぜ、緊張したときに汗がでるのか?
その原因を解明し、
そして緊張した時に汗をとめる方法やその対策を紹介します!

なぜ緊張したときに汗はでるのか?~原因を解明~

人によって緊張時に汗がでる原因は様々ですが、多く挙げられる原因として
「緊張型多汗症」があります。

*「緊張型多汗症」とは?*
本来、自律神経の中でも汗をかく機能が備わっている交感神経が
緊張したときに精神的なストレスがかかって、過敏に反応してしまうことで
汗が大量にでてしまうことです。

「緊張型多汗症」は緊張する前から汗が出てくることもあります。

例えば、仕事の会議のプレゼンなどで
「汗をかいたらどうしよう・・・。」
「みられたら恥ずかしい・・・。」
と想像や思いをめぐらすだけで汗がでる原因となってくるのです。

そして、緊張時に「汗がまた出てくる」とまた同じようなことを繰り返し心配してしまうことでさらに汗をかく原因を増やしてしまうサイクルを作ってしまうのです。

緊張しても汗を止める対策はある!

では実際に緊張したときに汗をとめる方法やその対策を紹介していきます。

まずは汗に対して良いイメージをもつことが対策の一つです。

「汗をかくことは嫌だ」

と考えるのではなく

「汗をかいて新陳代謝アップだ!」
「人間なんだから汗をかくのは当たり前!」

とよいイメージを想像することが大切です。
緊張時に不安になって汗をかくことを恐れない意識をもつだけでも
「緊張型多汗症」の対策になります。

また、実際に行う対策として
汗をかくことを抑えるツボが手の小指の付け根や小指側から10cmほど下がった手首にあるのでマッサージすることや
緊張する前に首の後ろを冷やして体温をさげて一時的に汗をかくことを防ぐことができます。(冷やしすぎは体によくないので注意してください!)

緊張したってもう大丈夫!~汗とさよなら~

緊張するのは誰にでも訪れる場面です。
最初に言いましたが私も緊張した時に汗がでてしまうタイプなのでそういった時には簡単なツボ押しから試してみたいと思います。笑
対策をしても汗がとまらず悩んでいる人は病院の皮膚科や精神科の医師に相談するのも一つの対策です。
また、「対策をしても汗がとまらない」といったストレスを抱え込まないようにすることが大切です。
自分の体に合う方法で試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です